2014年3月アーカイブ

ワキを脱毛を終えてみて、なんだかワキ汗が増えたような気がするとよく耳にします。
けれども、実際汗の量は変わっておらず、毛が残っていた時に、毛が汗を蒸発させるのを手伝う役目を果たしていたため、それがなくなったことで、汗が増えたように感じるようです。
ワキ汗って放っておくと、匂いがきつくなったりワキ汗が服にしみて恥ずかしいですよね。
近年ワキの脱毛を終了し汗が気になる方が増えた為か、汗を抑える制汗剤の需要が高まりつつあるようです。
またワキパットつきのインナーなども良く見かけますよね。
なかでも需要が高まりすぎて、一時欠品になったことのある制汗剤の『オドレミン』なんてとても人気です。
元々ワキガのにおい対策用として薬局で販売されていたのですが、これは汗を出す器官の汗腺の働きを抑制するもので、汗が出さないことで、匂いを防ぐことができます。

ホームカラーをした際に、生え際を塗るのは難しく、また、
地肌に白髪染めのカラー液が付着する場合もあります。

地肌に白髪染めが付着する前に、予防策としてコールドクリーム
などをおでこ、うなじ、耳の裏などに塗る事をオススメします。

コールドクリームを塗る事により、地肌と白髪染め液の間に
コールドクリームの膜が出来て、拭き取りやすくなります。

コールドクリームとは、油分の多いクリームの総称で、自宅に
お持ちのクリームなら何でも良いです。


また、白髪染めをしている最中はあまり動けないので、手の届く範囲に
ティッシュを用意しておき、皮膚についた際はすぐに拭き取れるように
しましょう。

白髪染めは、何も塗ってない肌に付着すると、なかなか取れません。

その上、白髪染めカラーの色素が皮膚に付着し、数日間白髪染め
カラーが付着した部分に色が着いてしまいます。

こすってむりやり取ろうとすると赤くはれてしまう場合があるので
無理に強くこすりすぎないようにしましょう。


フランスの女の子たちは14歳位から、激しくメイクをしだします。
中には「おてもやん」「福笑い」のようなあらまっと首をかしげる事もありますが、フレンチガールは十代が一番お化粧する年代でしょう。

その後はすーっと薄れてしまい、殆どノーメイクに近く見えるメイクをします。マスカラをしゃっと付けるとか、日本の女性の様にばっちりメイクは街でお見かけいたしません。

顔の作りが大きいので、綿密に日本女性の様なメイクはできないのかもしれません。
20代30代は、自分の好きなようなメイクとファッションを楽しんで居ますが、それほどばっちりメイクは世間ではお見かけいたしません。

40代に成り、子供がリセに通う年代に成りますと、リセの女学生と同じタイプのファッションをする様に成ります。

50代からは子供が側に居ない事もあり、自分の好きなスタイルに落ち着いてくる頃です。

現在70歳以上の女性は、口紅を付け頭をセットし、この年代はライフスタイルがグラマラスをしてます。おしりの皮膚疾患



このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31